1. ホーム
  2. 姿勢矯正
  3. ≫ぽっこりお腹は姿勢が原因!猫背解消でダイエット

ぽっこりお腹は姿勢が原因!猫背解消でダイエット

実は「猫背」がぽっこりお腹=肥満の原因だった!

金剛筋シャツの猫背矯正効果だけでも購入したかいがありました。実は僕は仕事がデスクワークなので、毎日前かがみの猫背姿勢で仕事をしてます。猫背で1日8時間以上も座っているので、当然肩が凝ったり、腰が痛くなったりお腹の筋肉が固くなったりと常に体の不調に悩まされてました。調べてみると、猫背姿勢に悩む人は僕だけじゃなかったですし、猫背が肥満につながるという驚きの情報を発見しました。

 

猫背姿勢はデブの原因-内臓が圧迫されると血流が悪くなり代謝が落ちる

現代はパソコン、デスクワークが多く、スマホの普及も伴い現代人の半数~8割近くが猫背と言われています。猫背は単に姿勢が悪いだけでなく、骨盤と背骨の歪みにより筋肉の緊張と内臓が圧迫され全身の血行(リンパ・血液の流れ)が悪くなります。

猫背で姿勢が悪いと横隔膜が下がり、下腹部が押されて前に突出(ぽっこりお腹)になるだけでなく、腹筋が使われなくなるため脂肪が蓄積しやすくなります。

 

筋力が低下すると基礎代謝も落ちますが、それだけではありません。内臓の血行不良で体温が下がるとますます脂肪分解されにくくなります。内臓温度が1℃下がると基礎代謝が12%落ちると言われています。

つまり、筋トレも大事ですが、まずは猫背姿勢を直し、姿勢を良くして内臓の血流環境を最適な状態にすることダイエットには必須項目なんですね。

 

立ち姿勢で判断できる猫背チェック

理想的な正しい姿勢は、耳垂(耳)、肩峰(肩)、大転子(腰)、膝外側上顆(膝)、立方骨(足)が一直線になることです。

自然に立った時、足の親指の付け根(母趾球)重心が来ていれば正しい姿勢になっていますが、踵・足の外側に体重が乗る場合猫背姿勢になっている可能性があるります。

 

猫背を解消するには肩・骨盤まわりの筋トレエクササイズが肝

猫背が原因のぽっこりお腹を解消するためには、肩周り・骨盤のストレッチと体幹の筋トレがポイントになってきます。

(次頁)猫背解消ストレッチと筋トレ法(動画あり)