1. ホーム
  2. 基礎代謝を上げる方法-痩せやすい体をつくる
  3. ≫痩せる体を作る入浴法

痩せる体を作る入浴法

お風呂に入りながら基礎代謝を上げる方法はセルフマッサージと血行促進がポイント

簡単にできる基礎代謝を上げるために効果的な方法にお風呂での入浴があります。入浴するだけでも効果はありますがそこへもうひと工夫加えることで、より効果を発揮します。

 

入浴すると血行が良くなり体温が上がるため基礎代謝を上げることにつながりやすい

お風呂に入って湯船につかると体がポカポカして、上がった後はなんだかスッキリしますよね?これは入浴で体温が上がるのはもちろんのこと、血行も良くなっているからです。全身の筋肉や内臓、脳に栄養を運んで代謝するのは血液なので、やはり血流が悪いと代謝も悪くなります。お風呂は面倒だからとシャワーだけで済ますのではなく、できるだけ湯船につかるようにしましょう。

 

お風呂で血行を良くするときに実践したい半身浴・反復浴

お風呂で血行を良くしたい時の工夫に半身浴と反復浴があります。

 

半身浴はぬるま湯で20分以上が目安

半身浴は普通に入浴するよりも全身の血流が良くなるとも言われている入浴法で、体を芯からゆっくり温めてくれます。目安は38℃で20分以上かけてゆっくり入浴します。38℃は目安なのでお好みで37~40℃くらいのぬるま湯であれば問題ありません。胸より下の部分までを湯船につけます。胸より上や腕を出しておくことで身体への負担が無く長い時間入浴ができます。リラックスしてゆっくり入ることで疲労回復と代謝アップが期待できます。

 

高温反復浴

代謝を上げる入浴方法に半身浴とは対照的な高温反復浴があります。こちらは43℃くらいの熱めのお風呂につかります。熱い湯に長時間入ることはできないので、トータル10~20分くらいになるように休憩しながら数回に分けて入浴します。体温が上がるだけでなく脂肪燃焼効果も期待できる入浴法です。休憩の間に身体を洗ったり水分補給をしたりしてください。

 

入浴中にセルフマッサージをするとより効果的

湯船につかるだけでなくもうひと工夫加えたいのがセルフマッサージです。お風呂に入って血流が良くなり、体もほぐれている時に自分で簡単に体をもみほぐします。大きな血管の通っている首筋や足の付け根、その他最近凝っているな、疲労がたまっているなという筋肉を簡単に優しくマッサージしてみましょう。血流とリンパの流れを良くする効果に加えて疲労回復にも効果があるので一石二鳥です。

 

炭酸や塩を入れる

入浴で代謝を上げる工夫として炭酸や塩を加えるというのがあります。炭酸の入った入浴剤や塩を湯船に入れることで発汗効果や血行効果がより大きくなるので代謝を上げる入浴方法におすすめです。

 

 

 

痩せる体を作る入浴法を実践する際の注意点(入眠・筋トレとの兼ね合い)

痩せる体を作る入浴法では、長風呂になりすぎて身体が火照り入眠ができなくなったり、筋トレの効率を下げる入浴をしては効果半減です。痩せる体を作る入浴法を実践する際には以下のことに気をつけてみてください。

お風呂は寝る直前ではなく1時間ほど前に入って少し体をクールダウンさせると入眠がスムーズ

体温を上げて代謝をアップさせてくれる入浴ですが、寝る直前だと睡眠に移りにくいです。人間は体温が下がっていって眠りにつくので、入浴直後の体温が高い状態だとスムーズに眠ることができません。もちろんリラックスしてポカポカしているので眠いという方もいると思いますが良質な睡眠をとる場合は寝る1時間前には入浴を終えましょう。

 

良質な睡眠は筋肉の合成や疲労回復など様々な効果があります。特に筋肉が増えることは基礎代謝の向上につながるので運動や食事に加えて睡眠にも気を使って筋肉を効果的に増やすことで基礎代謝は上がっていきます。

 

運動する場合は入浴前に行い、運動時の筋疲労も入浴中に取る

よく寝る前に腹筋やスクワットの運動をするという方がいますが、運動をする場合は入浴と睡眠の間の時間ではなく入浴前に行いましょう。運動をすると交感神経が活発になります。一方、入浴でリラックスしている時は副交感神経が活発になります。入浴後に運動をするとせっかくリラックスしたのにまた交感神経が活発になるのでその後の睡眠の質が下がります。そしてリラックスしているので体温は高くても体に力が入りません。

 

それに加えて運動で蓄積した疲労を取るには栄養を取って血液から筋肉に運搬する必要があります。疲労に関係する物質も血流を良くして取り除くことが好ましいです。そういった意味でも運動は入浴の前に行いましょう。

 

入浴についてもあくまで一時的な代謝の亢進でしかありません。なので入浴で基礎代謝を上げるに至るまでは毎日習慣として続ける必要があると考えられます。

筋トレがなかなか続かない人にオススメ

筋トレが苦手な方は急激に我流で筋トレを始めるのではなく、まず「筋トレ」の習慣をつける方が早いかもしれません。このサイトでも紹介していますが着るだけで筋肉が刺激できる加圧シャツを使ってみるのも運動のきっかけになります。

継続的な筋トレや食事制限は必要ですが、毎日の運動「0(ゼロ)」を着るだけで脱出できると考えるとアリだと思いませんか?

そんなオススメの筋トレシャツがこちら。

金剛筋シャツ